美白メラニン色素はなぜでる?

メラニン色素はシミ、そばかすの原因とされていてお肌の悪者のようですね。

 

でも実際は体の機能として私たちを守るために働いている健全な機能で大切な働きをしています。

 

もしメラニン色素がなければ、紫外線から肌を守れず、
ちょっと紫外線を浴びただけで水ぶくれや炎症を起こす事になります。

 

そして紫外線によってDNAを破壊されて皮膚がんになってしまう、
メラノサイトはそんな紫外線の刺激によって発生した活性酸素に反応してメラニン色素をつくるしくみになっています。

 

活性酸素を野放しにしていたら細胞のDNAを破壊してしまうため、
メラノサイト内でチロシナーゼという酵素が活性酸素を吸収して分解するしくみになっています。

 

つまり、日焼けすること、メラニン色素が増えるということは諸悪の根源の活性酸素をメラノサイトが退治してくれた証拠ということです。

 

メラニン色素に染まった細胞は代謝により排泄されます。
時に紫外線の量が減少しても局部的にメラノサイトがメラニン色素を作り続けることがありますが、
それがシミとなっている箇所になります。

 

私たちは生まれながら決まった量のメラニン色素が皮膚に配置されています。

 

急に強い紫外線を浴びて水ぶくれなったりした場合は、
メラニン色素を作るのが間に合わずに紫外線を十分に防ぐ事ができなかった状態です。

 

皮膚の下にまで紫外線がはいりこんでしまった証拠なので要注意してケアしましょう。

 

やけどといっしょでまずは冷やす事を最優先して刺激を与えないようにすることが大切です。

 

美白のお肌を目指す場合は。出来るだけ紫外線を浴びない事。
予防することを意識して曇りの時もUVケアを忘れないようにすることです。

 

大気汚染の影響もあり紫外線量が増えている現代です。
適切なケアをしてお肌もまもっていきましょう。

美白メラニン色素はなぜでる?記事一覧